夜行列車 ( Night Train / Kereta Malam )

<スマホからは、listen in browserの方をお選びください。>

この曲のトリガーは、松本清張原作の「砂の器」のビデオを観たことです。この映画から焼き付く映像の第一は、暗い、夜行列車でした。
特に、プロローグの場面、殺人現場である夜の蒲田操車場が強烈に印象に残りました。それで、曲の出だしがこんな感じになってしまいました。
曲の出だしはそんな感じですが、曲全体としては、夜行列車に乗りながら思い出と夢に包まれている、ふつうの人をイメージしました。
その時代は、集団就職で都会へ向かう人、大学生活に臨む若者たち、など。
 
子供の頃、浜松市の駅南、海老塚町に住んでいました。浜松駅に停車する蒸気機関車の汽笛や車両がエアーを排出する音も聞こえましたっけ。西の方からは夜行列車のガタンゴトン・・・耳を澄ましながら眠ってしまう。
しかし、リニアモーターカーになると夜行列車なんて無くなってしまうのでしょうか。線路も無くなってしまうのですね。
寂しい。20年後くらいに、聴きたくなる曲であってほしい。

(Cubase)(Remake2014 Original2006)(1208)

 

Fukkyさん(@fukky99)が投稿した写真

 
 
 

suzhou street