我ヒーロー「ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド」を、再度、考える。

2016年はPPAPが一世を風靡しました。「覚えやすさ」がヒットの理由の一つと言われます。

だが、まてよ。そうとは限らないだろう。「覚えにくさ」が理由でヒットすることだってあるだろう。
そう思いませんか?

そこでです。
いつの話だ、とお叱りを受けそうですが。

水泳ファンにとって忘れられないのが、オランダのスーパースター、ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドです。調べてみると、本名は、ピーター・コルネリス・マルタイン・ファン・デン・ホーヘンバンド

とさらに長いようです。

プールに登場する時のポーズで、鳥肌が立つくらいカッコいいと思うのが2人います。

一人は、萩野公介で、入場してプールをジロッと睨みガンを飛ばす、あの瞬間にゾクゾクします。

あと一人が、ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドです。

両手を上に挙げて、首をななめ上に傾ける、そのポーズです。なんていうんですか、肘の角度、手首から上の角度、その反り上げた感じ、それと観客席を見上げる顔の角度、それが絶妙のバランスなのです。

この写真は、シドニー五輪の時のポーズで、ちょっとカッコよすぎますけど。

ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド シドニー五輪

しかし、もっと若い頃は、素朴で、どこか庶民的で、不器用そうな、シャイな、気取りのないポーズで、それが良かったです。
それはそれは、スーパースターらしくない、あどけなさ、に魅力がありました。

で、一たびスタートし泳ぎだすと、他を圧倒する世界一のスピード。

しびれます。

そんな人気者のピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドですが、

「ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド問題」なる、腹の皮のよじれるブログを発見しました。

陣内孝則のコントを彷彿とさせます。

日本中が、この問題に、いかに熱くなっていたかが、よく分かります。

ここまでギャグに扱うことの方が問題ではないかとちょっと心配になりますが、素晴らしい筆致、文章表現力です。↓

http://www.1101.com/athens2004/Hoogenband.html

このブログをかいつまんで言うと、

~イアン・ソープのことは、「ソープ」と言うくせに、ピーター・ファンデンホーヘンバンドは絶対に略さない~この大問題の解明に果敢に挑んだ物語。です。

日本国内に目を向けますと、似たようなことが起こっているのですね。

日本にも「アナウンサーが必ず名前をフルネームで呼ぶ競泳選手」、がいましたよ。
覚えていますか?
そうです。
ロンドンオリンピック、個人メドレーの代表、静岡県裾野市出身、

高桑健」です。

まてよ。

そうですね。

そうか。

「高桑健」を「高桑」と呼ばずフルネームで呼ぶのは、ウケ狙いと、感じてしまいますが、どうもそうではない。「瀬戸大也」も「瀬戸」と苗字だけ呼ぶことはまずない。しかし。「北島康介」は「北島」と呼ぶことも、そこそこあったような記憶がある。「萩野公介」も、「萩野」と呼ばれることが、そこそこあるような印象がある。

この現象をどう理解したらよいのだろうか。

基本的には、実況のアナウンスは、フルネームで呼ぶことになっているのではないか。

それが原因で「ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド問題」が持ち上がって来たのではなかろうか。

最後に、水泳ファンなら忘れられない、歴史に残る名勝負を紹介しておきます。

2000年シドニー五輪です。稀代のヒーロー、オランダのピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドは、敵地の中心、オーストラリアのシドニーに乗り込みました。開催国の期待を一身に背負うスーパースター、イアン・ソープと、真っ向から勝負しました。ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドは世界記録(準決勝と全く同じタイム)でイアン・ソープをねじ伏せました。その200m自由形決勝の様子をご覧ください。

こうやって改めて見ると、萩野公介の泳ぎは、ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドと、よく似ていますね。

↓。。あ〜あ。YouTube。非公開になってしまったようです!

もう一つ、この3人が揃っているレース。凄いです。イアン・ソープ、ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド、マイケル・フェルプスの3人です。2004年アテネ五輪200m自由形決勝です。

よろしくどうぞ。