空港で ( Airport )

<スマホからは、listen in browserの方をお選びください。>

パブリックドメイン


音楽作品です。

昭和のムード音楽に、ナウい感覚をブレンドした感じ、となってございます。

曲づくりですが、何故か、2019年はペースが早く、これで3曲目となります。

多分、曲の長さを4分程度にすることに、こだわらず、短くても、まとまれば、それで良し。それが、気楽にさせているように思えます。



「空港で」  歌詞: by imakat

<前奏>

戻せない時が 西陽に溶ける/
いつもと変わらず 横見て指パチ/ 
ベルボトム好きで 40年 穿き続け 止まってる/

<間奏>

動かないことが 安らぎでしょう/
カセット絡まっても ニヒルに指パチ/
携帯ない パソコンない 車ない/
うつむいて 嬉しそう/

<間奏>

冬の日 狂い咲く ひまわりのように/
頓珍漢な/ 
頓珍漢な 夢を見ている/
憎めない 豊かな人/

<間奏>

空は高いです 海は広いです/

もう行くよ 東京へ/ 

じゃあまたね/


描きたい状況は、「これまで」と「これから」の、ちょっと風変わりな節目。

古き昭和を大切に温め尽くす生き方、ゆっくり歩き尽くす生き方、それはとても素晴らしいこと、でもそのお陰で、今の新しい時代の理解が、すっぽり抜け落ちてしまったわ。

あなたのお陰で、二つと無い、風変わりで滑稽な人生だったけど、感謝してるけど、やっぱり何かが足りないの。

何を今さらという歳になったけど、長旅に出ることにするよ。

という感じです。NHKのLIFE!のコントに近いかも。。

いずれ、平成で止まったままの人も出現するでしょうが、その人は、平成の何を握りしめたまま、なのでしょうかね 笑。

一応、インスト曲として、一旦、完成させますが、

歌詞も、なんとか上のように、作ってみました。

竹内まりや(出雲市大社町出身)さんが歌うような、まあ一応場所としては、出雲空港とか那覇空港のようなイメージを目指しましたが、どんなもんですかね。。

追:

最初タイトルを、「海の見える空港で」としましたが、どうもフィットする画像が手元にありません。そこで応用の効く「空港」と考えました。しかしながら、「空港」は、テレサ・テンの歌が超有名でございます。そこで「空港で」と致しました 笑。

No.64 (Apr/2019)(Cubase)

タイトルとURLをコピーしました