【IT】Macの両面印刷の設定はどこに隠されているのか。


音声が出ます。

<字幕は、画面右下の字幕選択CCをON↑>

字幕情報を表示します。

〜Macの両面印刷の設定は、どこに隠されているか〜
(1)例として、Safariの記事の両面印刷を行ってみます。
(2)Safarのメニューバーの「ファイル」→「プリント」と選ぶとポップアップウインドウが開きます。
(3)ところが。。。詳細を表示するようにしても、 両面印刷の設定箇所が見当たりません。
(4)よくよく調べてみて、見つけました。
(5)秘密のボタンは、この「Safari」のところです。
(6)それで、「自動両面印刷」から→例えば、「長辺とじ」を選択します。文書タイプは、3つありますが、「テキスト/イラスト」でいいでしょう。
(7)さて、これでプリントして閉じると、また同じことをしなければなりません。今の状態を保存しておきます。
(8)「現在の設定をプリセットとして保存」します。例えば名前を「両面印刷長辺とじ」として保存します。
E(9)以上で設定は完了です。


結局、両面印刷については、Windowsでは簡単に使えていたという記憶が埋め込まれているので、「なんで選択がないのか」と隘路に入ってしまいます。下イメージはWindowsのものですが、見たままに選択できるようになっています。これは優れているな、と感じます。


ポイント解説

1  最近、めっきり減った紙の印刷

ポイント解説というより、周辺の出来事という感じですが、2022年1月から電子帳票保存法が改正されて、会計帳簿について、一定の仕組みを導入すれば、紙ではなく電子データで保存すればそれでいいことになりました。会計以外でも、どんどんペーパーレスは進むと思います。

しかし、紙の読みやすさは、優れています。高齢者のサービスのために残っていくと思いますが、ある種、コストの掛かった贅沢な方法、と見做されていくことでしょう。

以上